「潮干狩りには何が必要でどんなものを持って行けばいいのか?」また、「どんな服装をして行けばいいのか?」

今回は、これから潮干狩りに行く予定がある方向けに、潮干狩りのときの「持ち物」「服装」についてリストアップしてみましたので、良かったら参考にしてみてください^^

また、実際に私が潮干狩りに行ったときに他の人が持っていて「あると便利だなぁ~」と思ったものも書き出しましたので、もしご自宅にあれば持参してみてください^^

スポンサーリンク

潮干狩り持ち物


潮干狩りで「最低限必要なもの」「用意しておいた方が良いもの」「あると便利なもの」をそれぞれまとめました。

最低限必要なもの

  • 熊手
  • 砂の掘りやすい、先のとがった熊手がお勧めです。潮干狩り場によっては販売・レンタルをしているところもありますのでホームページでチェックしてみてください。

    また、最近では100円ショップにも潮干狩りコーナーが設けられています。子ども用の潮干狩りセットも販売されていますので、チェックしてみてください。

  • ざる・バケツ
  • 採った貝を入れる用にざるを持っていくと便利です。ざるが無い場合はバケツでもOKです。

  • 採ったアサリを持ち帰る用の網です。あまり細かいアミだと砂が落ちにくいので細かすぎる網目のものは避けましょう。これも潮干狩り場によっては販売しているところもありますのでホームページでチェックしてみてください。

    スポンサーリンク

    用意しておいた方が良いもの

  • ゴミ袋
  • 飲み物・食べ物用のゴミ袋。又濡れた衣服用にも使えますので数枚待っていくと非常に便利です。

  • 着替え一式
  • お子さんがいらっしゃる場合は必須です。基本的には濡れますので着替えも用意していきましょう。

  • ゴム手袋・軍手
  • 砂や貝の断片で切り傷防止用に役立ちます。

  • タオル
  • 汗もかきますし、濡れてしまうので、タオルは多めに準備してください。紫外線対策にもなりますので、首巻きスタイルがお勧めです。

  • 飲み物
  • 5月とはいえ日差しは強いです。熱中症対策も兼ねて水分は多めに持っていくようにしましょう。また、自動販売機が遠かったり、売り切れで買えなかったりすることもありますので、行くときに近くのコンビニで買っておくか、家から準備して持っていきましょう。

  • ペットボトル・ポリ容器
  • 有料の潮干狩り場には、あさりの砂抜き(砂出し)用に、海水が持ち帰れるようになっています。帰ってからの塩水を作る手間が省けるので空のペットボトルやポリ容器を持参しましょう。

    持ち帰る海水の量は、アサリ1kgに対し海水500ml(ペットボトル1本)でOKです。

    あさりの砂抜き(砂出し)方法について、最新の砂抜き方法をこちらの記事にまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

    【あさりの砂抜き】超簡単!最短5分で砂抜き(砂出し)する方法

  • クーラーBOX・発泡スチロールの箱
  • 採ったあさりが帰るまで弱らないようクーラーBOX・発泡スチロールの箱、保冷バックなどを用意しましょう。

  • 保冷剤
  • 持ち帰り時にあさりの鮮度を保つため、クーラーボックスに入れましょう。

あさりの持ち帰り方・保存方法については、こちらの記事を参考にしてみてください。
【潮干狩り】あさりの持ち帰り方と保存方法・保存期間を確認

その他にあると便利なもの

潮干狩り場で見かけた「あると便利だなぁ~」と思ったものは、

  • 子ども用のソリ(スキー場で使うもの)
  • ソリに荷物や取った貝を乗せて運んでいる人を見かけますが、干潟の上をスイスイ運べるのであると便利だと思います。

  • 折り畳み式のイス
  • 潮干狩りは長時間しゃがんでいるので、腰が痛くなります^^;折り畳み式のイスを使っている人はラクそうです^^

  • 日よけテント
  • 潮干狩り場は日差しを遮るものがありません。小さいお子さんを連れてきている方は、日よけ用にサンシェードテントを立てている方が多いです。

スポンサーリンク

潮干狩りに適した服装


動きやすく、濡れてもいい服装。また、紫外線が気になる季節です、帽子・タオル等で紫外線対策も行いましょう。

  • 上着
  • その日の気温次第ですが、海風が強い日も多く、濡れると冷えますので長袖のほうが無難です。海は紫外線も強いので、紫外線対策になります。またウインドブレーカーなどを1枚用意されると寒さもしのげますのでお勧めです。

  • ズボン
  • 動きやすければ、何でもOKです。長ズボンの場合は濡れますので、長靴とセットがいいでしょう。

  • やはりベストはマリンシューズです。マリンシューズは持っていない人も多いと思いますので、いらないスニーカーなどでもOKです。

    ビーチサンダルは脱げやすく、水もはねるので経験上あまりお勧めできません。また、裸足は石や貝で怪我をしてしまうこともあるので、やめた方がいいでしょう。

  • 帽子
  • 海風で飛ばされないように、ゴムひも付きの帽子やサンバイザーがお勧めです。

終わりに

今回は潮干狩りのときの「持ち物」や「服装」についてまとめてみましたが、如何でしたか?

最近は潮干狩りシーズンになると100円ショップで「潮干狩り用品」が販売されているのを見かけるようになりました。熊手はもちろん、バケツや発泡スチロールBOXまで揃っていますので安く済ませたい方はチェックしてみてください^^

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク